FANDOM



悲しみのクリスマス(Chapter Three: Holly, Jolly)は、『ストレンジャー・シングス 未知の世界 』のシーズン1の第3章。監督はショーン・レヴィ、脚本はジェシカ・メクレンバーグが手がけ、2016年7月15日にNetflixより全8エピソードが同時に公開された。

ストーリー編集

ナンシースティーブがベッドで初めて愛し合っているとき、バーバラはスティーブのプールの異次元のような場所にいた。バーバラはプールから這い上がって逃れようとし、ナンシーの名前を呼んで助けを求めるが聞こえていない。バーバラはモンスターに囚われ、プールの底へ引きずり込まれてしまう。

マイクルーカスダスティンはウィルを�探すために、エルと放課後に待ち合わせることにした。誰もいない家でイレブンは、部屋の中を珍しそうにみて回る。テレビをつけるとコカコーラのコマーシャルが流れ、再びホーキンス研究所でのことがフラッシュバックする。

ホッパーはウィルの捜索のためにホーキンズ研究所へやってきた。協力を得て、防犯カメラの映像も見せてもらったがなんの手がかりも得られない。しかしその帰りの車中、ホッパーは同僚に失踪当日の映像は大雨だったのにも関わらずその様子はなく、何かが隠されていると指摘した。

図書館に行ってホーキンス研究所に関する過去の新聞記事を調べると、MKウルトラ計画やブレンナー博士テリー・アイブスをはじめとする被験者たちなど様々な記事が見つかり、ホッパーの失踪もなにか関わりあると疑いを持つ。

ジョイスはクリスマスオーナメントを大量に購入して、ウィルとコミュニケーションを取ろうとする。オーナメントを家中に飾り付けていると、カレンホリーを連れてやってきた。母親たちがキッチンにいると、廊下のオーナメントが点灯してホリーは灯りにつられてウィルの部屋へとひとりで入っていく。ホリーは壁を見つめていると母親たちがやってきて、ジョイスは何か見たのかと尋ね二人を帰してしまう。

ジョナサンが高校から帰ろうとすると、スティーブたちが待ち伏せていた。昨晩撮った写真のことがばれ、ジョナサンがしていることはストーカー行為だとカメラを壊されてしまう。あとからやってきたナンシーは戸惑うが、破られた写真の中に朝から行方のわからないバーバラが写っているものを見つけて拾い集めた。

エルは3時15分に待ち合わせの場所で、マイクたちを待っていた。そこにいた猫に威嚇されると再び過去の実験がフラッシュバックする。念力で猫を殺すように支持されたエルだが、それをできずにいると罰としてまた独房に連れていかれる。部屋のドアを閉められる直前、監禁を嫌がるエルは念力で警備員二人を殺すとブレンナー博士は満足な表情を見せてエルをそこから抱えて出した。

マイクたちと合流したエルは、なにも話していないのになぜトロイたちが傷つけたのかと尋ねた。マイクは最初は転んだと嘘をついたがイレブンは真実をわかっていて、ほんとうのことを話し嘘をついたことをあやまった。

エルがウィルの居場所だとマイクたちを連れていったのはバイヤーズ家だった。ルーカスたちはここにいるわけないと怒ったとき、通りをパトカーと救急車が�サイレンを鳴らして走っていく。すぐにウィルになにかあったにちがいないと感づき、自転車で車を追う。ついた先の湖では、男の子が引き上げられているところだった。マイクはエルになぜウィルは生きていると言ったのか、と責め自転車でひとり帰ってしまう。

バーバラのことが心配なナンシーは、スティーブ宅に向かう。近くに止めた車はそのままで、プールサイドへ探しに行くと森から物音が聞こえる。森に入ると何かが走り去るのが見え、恐ろしくなって自宅へと急いだ。

バイヤーズ家、オーナメントが点灯してジョイスは納戸のなかへと導かれる。ジョイスはそこで「はい」なら一回の点灯、「いいえ」なら二回の点灯をして言い、ウィルが生きていることがわかる。もっとコミュニケーションを取るために、壁にアルファベットを描き点灯でウィルが言葉を伝えられるようにした。ウィルは点灯を使って�ジョイスにそこから逃げるように伝えると、壁から生き物が這い出ようとしジョイスは家を飛び出した。

キャスト編集

キャスト編集

メインキャスト編集

そのほかのキャスト編集

音楽編集

トリビア編集

ギャラリー編集