FANDOM



イレブンは、『ストレンジャー・シングス 未知の世界 』のメインキャラクターで本名はジェーン・アイヴス。 イレブンを演じているのは、ミリー・ボビー・ブラウン

バックグラウンド編集

誕生編集

1970年代のはじめ、テリー・アイヴスはMKウルトラ計画として知られる政府のプログラムへ参加した。テリーは被験者として幻覚剤を使用したり感覚喪失を伴う実験に参加した。

テリー自身にも気づかないうちに妊娠すると、女の子を出産しジェーンと名付けた。ジェーンは様々な不思議な能力を持って生まれ、誕生直後にブレナー博士に拉致されてホーキンス研究所で育てられた。

そこではジェーンと呼ばれる代わりに「011」と付けられ被験体として扱われた。ブレナー博士はイレブンに自分を父親だと思うよう意識を作り、イレブンはパパと呼んでいる。

テリーは自分の娘がまだ生きていると信じているが、テリーの妹は研究所から出ることはできないだろうと思っている。ジェーンのことは流産として隠蔽されたので存在を証明する出産証明書や医療記録がなく、研究者たちにとって完璧な人間の被験者とすることができた。

能力編集

イレブンはホーキンス研究所において、政府から訓練を受けさせられた。科学者たちはイレブンの能力の可能性を発見し、さらに強めようとした。少なくとも4回の実験が行われ、失敗すると罰として独房に長期間閉じ込め、その監禁された経験はイレブンにとってトラウマとなって大きく傷つけた。

逃亡編集

ホーキンス国立研究所がイレブンに行った実験の1つとして、感覚喪失タンクに入れてこれにより深い精神状態を探求させていた。ロシアのスパイを首尾よく盗むことに成功するが無意識のうちにデモゴルゴンに出くわし、イレブンはパニックになり、実験は中止された。

デモゴルゴンに興味を持ったブレンナー博士は1983年11月6日、イレブンに接触させる実験を行う。感覚喪失タンクに入ったイレブンはデモゴルゴンとの接触に成功するが、そのとき裏側の世界と繋がるゲートがタンクルームに開いたことでデモゴルゴンが表の世界へ侵入できるようになってしまう。デモゴルゴンの出現による混乱に乗じて、研究所から脱出した。

性格編集

研究所で隔離された育てられたため、イレブンは社交的ではなく臆病で人に対してとても慎重。しかし自分を助け、世話をしてくれた仲間には忠誠をみせ、仲間の友だちを助けるために自らを犠牲にする。 マイクやダスティン、ルーカスを始めとする自分に対して優しく、認めてもらった人物に危害を加えようとした連中には容赦はなく、超能力で死に至らせることもある。 ワッフルが好物。

シーズン1編集

Stub
このセクションは書きかけです。是非記事を追加してください。

シーズン2編集

Stub
このセクションは書きかけです。是非記事を追加してください。

トリビア編集

Stub
このセクションは書きかけです。是非記事を追加してください。